So-net無料ブログ作成
検索選択
ちょうど1年前位の話以前サークル一緒だった2人が立て続けに、包茎を理由に彼女に捨てられた。最近ではこの手のケースが多い。その後、包茎手術の失敗事例について知ることに至り、かなり悩んだ。しかたなく、自宅療法を研究することになる。その途中、悪い友人に「剥き癖」というイカサマに騙され、酷い失敗をした。このあたりはプロフィールに記載したが、その後、いろいろなQ&Aを調べる中で知ったことが脱包茎のプロセスだ。この方法で比率を改善することで、少しずつ仮性包茎を治すことに成功中。ただ、ここに示されている①~⑥までの中で、③の理解が肝心なところで、オナ禁といいながら①をできるだけ長く維持することがポイント。成功後は、いままでの苦労を思うと凄い驚きがある。しかし、世の中、こんな風に知ってる奴だけが得をするんだなと悔しさもあったが、Q&Aの甲斐もあってようやく昔からの夢であるミニスカが似合う感じの彼女ができたからままいいか。

包茎を治したらFX連勝間違いなし、実績がすべて。女もできて、金も儲けられるようになった。すべてがハッピーだ。

回廊の舞

dcb.jpg

https://nikkei225jp.com/fx/


膠着しているように見えるが
もう一段上げた方が、美意識としては正常であるように思う。
ただ、そろそろ難民が殺到してきそうな頃合いなので
延期になる可能性もあり
その場合、日足バリアへの接触は5月末という計算になる

その根拠としては、クロス円の回復ぶりと比較すると
ドル円はアンダーパフォーム気味である
EUR/JPYとの単純比較では、USD/JPYは113付近でおかしくないのだが
未だ111台にとどまっている

さて
一年くらい前から、未来からの相関値を解析することにより
この先WW3があるのではと記載してきたが、
あれから、ブレグジッドがあり、そして、大統領選があった
その際の動きから、近未来の時空の歪が
ある程度明らかになってきているわけだが

結論的には、この先数年位まででWW3はないといえるだろう
ただし、限定的な有事はあると見るべきだろう