So-net無料ブログ作成
検索選択
ちょうど1年前位の話以前サークル一緒だった2人が立て続けに、包茎を理由に彼女に捨てられた。最近ではこの手のケースが多い。その後、包茎手術の失敗事例について知ることに至り、かなり悩んだ。しかたなく、自宅療法を研究することになる。その途中、悪い友人に「剥き癖」というイカサマに騙され、酷い失敗をした。このあたりはプロフィールに記載したが、その後、いろいろなQ&Aを調べる中で知ったことが脱包茎のプロセスだ。この方法で比率を改善することで、少しずつ仮性包茎を治すことに成功中。ただ、ここに示されている①~⑥までの中で、③の理解が肝心なところで、オナ禁といいながら①をできるだけ長く維持することがポイント。成功後は、いままでの苦労を思うと凄い驚きがある。しかし、世の中、こんな風に知ってる奴だけが得をするんだなと悔しさもあったが、Q&Aの甲斐もあってようやく昔からの夢であるミニスカが似合う感じの彼女ができたからままいいか。

包茎を治したらFX連勝間違いなし、実績がすべて。女もできて、金も儲けられるようになった。すべてがハッピーだ。

傾向と対策

今週は
毒ガスが作動すると書けば
シリアで化学兵器が炸裂し
ミサイル発射と書けば、
地中海上をトマホークが飛んで行った

しかし、実際には数日前に前駆波動を観測しているから
少なくともその時点で
いくつかのリスクオフイベントが生ずる未来が
確定的になっていたとみることができる

これは世間一般では
例えば、毒ガス使用予定の情報が事前にどこかから漏れて
それを知る誰かがあらかじめ動いた
という解釈になるのだと思うが、
私の解釈は少し異なり
たとえそのような具体的情報の伝達が無かったとしても
前駆波動は生じていたと考えている

この解釈の根拠とするところは
普段は、個人レベルで意思決定していると思っていることも
それは多分に周辺の状況による帰結であることが多い
というものである

別の言い方をすれば
選択の余地の少ないものを選択している状況ともいえる
そして、その状況といえるものは
意思決定する本人以外も知りえる場合が多い
さらに、その状況というものは
本人が意思決定する以前から始まっている場合が多い

さて、「陽はまた昇る」に掲載

>現110.5付近ですが、
>この先、110.2xあたりに突っ込んできたところで
>切り替えしてからの112とかですかね。

および、「毒ガスVSミサイル」に掲載した

>週足レベルでの正準形は週末111.0辺りにあるから
>これは、姫のミサイル発射直前の水準と一致している
>今週はこのあたりで終えて
>来週大上げになれば、まあわかりやすい展開ではある

これらについて
ほぼまったくその通りの途中経過になり
週末を迎えている

今後は、今回のミサイル発射により
一時的にせよ有事のドル高へというシナリオが分かりやすい

となると
クロス円の上昇余力として
予122.7x
を4月3日に示したが、これに対応するドル円としては
113.2xあたりになるだろうか

日足バリアがこのポイントまで下降してくるタイミングとしては
20営業日前後になるので
4月末に前記したポイントに到着するという波形が一つの解になる

ただ、未来はこの場合でも確率的であるから
それ以前に、到達した場合には、それ以降の急落の要因を含み、
それ以降に、到達した場合には、それ以降の急伸の要因を含むとする。