So-net無料ブログ作成

鼎の軽重を問うのは誰か

昨日掲載

>ここは、しばらく上げてから
>再び115.5xを割り込む展開を予測

これについては、
まったくその通りになり楽勝のようです。

昨夜は、
「ありえない!。高い関税を払え」
という大統領の発言があったらしく
とうとう始まってしまいました。

ただ、帝国の大統領ともあろう人物が
国家ではなく、一企業を相手に喧嘩を売るとは
これでは逆に、売られた企業に箔が付くことになりはしないか
そして、もしや失敗すれば、
帝国そのものが鼎の軽重を問われることになりはしないか

豊田章男社長
「ひとたびやった以上、雇用と地域社会への責任がある」
トヨタの車には興味はわかないけど
この人の発言は実に爽快だと思う。

1ヶ月前に、
500億ドルという巨額をアメリカ国内に投資することを確約したCEOは
確かにクレバーだが、爽快感をもたらすことはなかった。

高い関税をかけるというなら
やらせたらいいと思う。
いかにしようが、
この闘いはトヨタが勝つであろう。

しかし
こんな状況で本当にドル高になるのかな

一応、そのためには、本日足が117.3xまで急回復して
日足πターンを達成すればなんとかなるかもしれない

http://kanzenshihai.hatenablog.com/entry/2017/01/06/070917