So-net無料ブログ作成
検索選択
ちょうど1年前位の話以前サークル一緒だった2人が立て続けに、包茎を理由に彼女に捨てられた。最近ではこの手のケースが多い。その後、包茎手術の失敗事例について知ることに至り、かなり悩んだ。しかたなく、自宅療法を研究することになる。その途中、悪い友人に「剥き癖」というイカサマに騙され、酷い失敗をした。このあたりはプロフィールに記載したが、その後、いろいろなQ&Aを調べる中で知ったことが脱包茎のプロセスだ。この方法で比率を改善することで、少しずつ仮性包茎を治すことに成功中。ただ、ここに示されている①~⑥までの中で、③の理解が肝心なところで、オナ禁といいながら①をできるだけ長く維持することがポイント。成功後は、いままでの苦労を思うと凄い驚きがある。しかし、世の中、こんな風に知ってる奴だけが得をするんだなと悔しさもあったが、Q&Aの甲斐もあってようやく昔からの夢であるミニスカが似合う感じの彼女ができたからままいいか。

包茎を治したらFX連勝間違いなし、実績がすべて。女もできて、金も儲けられるようになった。すべてがハッピーだ。

選挙前の踊り場の情景

週末については、

10月28日

>普通の波動であれば
>この先上に行くにせよ、104.8xを経由するように見えるのだが

と書いて数時間して1円近い下落に至った
この記事を読んで、大口さんが売ってくれたのか
そんなわけはないですが。

cme42.jpg

週末につけた日足πターン↓の後について
前回のπターン↓以降の波動をそのまま貼りつけたもの
これに従えば、10~12営業日後に106となる・・・
予想というにはあまりにも稚拙だが
一応、明日低いところからスタートすれば
105付近までは戻すことが視野に入り
急落が無いという前提があれば許容できる流れと言える

難しいポイントとしては、
このチャートでいえば、来週明けくらいに
πターン↑で切り返せるかどうか
それが無理であれば、
103.5xまで後退することになりそう

どちらになるかは、現時点では視えないので
とりあえずは原油の動きに注目することになるが
こちらも、49.8x-50.0x or 45.5xとなっていて
はてさてどちらに行きますかね。

仕方がないので
クロス円の動きに注目することになる

一番わかりやすいのが旧帝国(GBP)なのが
いささか迫力不足なのだが
120 or 140
だから、もし140がないだろうということであれば
おそらく、これから30~60営業日以内に120へ向かう
その時、何が起きているのかはわからないが
独歩安ではなく、リスクオフ波動であれば
円高になるだろう

ただ、上記のどの時点においてでも
もしも10月20日に出現した謎の正体不明機(救国同盟)の連中が出てくれば
今回のように、反乱軍の掃討戦になり、
かなり早い時点で106.8xに到達することになる