So-net無料ブログ作成
検索選択
ちょうど1年前位の話以前サークル一緒だった2人が立て続けに、包茎を理由に彼女に捨てられた。最近ではこの手のケースが多い。その後、包茎手術の失敗事例について知ることに至り、かなり悩んだ。しかたなく、自宅療法を研究することになる。その途中、悪い友人に「剥き癖」というイカサマに騙され、酷い失敗をした。このあたりはプロフィールに記載したが、その後、いろいろなQ&Aを調べる中で知ったことが脱包茎のプロセスだ。この方法で比率を改善することで、少しずつ仮性包茎を治すことに成功中。ただ、ここに示されている①~⑥までの中で、③の理解が肝心なところで、オナ禁といいながら①をできるだけ長く維持することがポイント。成功後は、いままでの苦労を思うと凄い驚きがある。しかし、世の中、こんな風に知ってる奴だけが得をするんだなと悔しさもあったが、Q&Aの甲斐もあってようやく昔からの夢であるミニスカが似合う感じの彼女ができたからままいいか。

包茎を治したらFX連勝間違いなし、実績がすべて。女もできて、金も儲けられるようになった。すべてがハッピーだ。

※タイトル未定


今月を振り返ると
とにかく楽に勝てる一月であった
この先のことは、また後で考えれば良いが
とりあえずは107を見ることになると思う。
ただ、下値(円高)リスクが払拭されたわけではなく、
日足、時足、分足も要注意な形態であるので
もしも、仕事をするとしたら
監視できる間に、建玉をして、LLSO(買値よりも高い位置でのSO)を入れておけばいいだろうと思う。

EU、特に、ドイツを叩くというのは帝国の狙いであったかもしれないが
今回のことは、帝国が望んでいた方法論ではなかったようにも思う。
グローバリズムに対して、反転攻勢の楔が入れば
今後、抑えきれない場面も出てくるかもしれない

しかし、そう考えていくと
難民・移民の発生源については、やはり一定の疑惑が走るか・・・

また、ドイツを叩くことは、中国を叩くことでもあるから
結局のところ、アジアが主戦場になる可能性が高くなってきている
たとえ為替で稼ぐことができても、
ここが焦土に化してしまうのでは、割に合わない気がする

戦争に関しては
金価格が上昇を続ける限りは、注意が必要な項目だと思う。

ドル円120円に向けての序章

昨日掲載

>さきほど102.0xで買い

朝起きて、上げていたので102.6xで売り
またまた完全な勝利・・・

それでも買って行く

何もしないのも退屈なので
さきほど102.0xで買い
様子を見るか・・・

十分な勝利の後

基本的に、十分な勝利が得られたため
今月はもういいかという気分になっている

cme31.jpg

時足はかなり危うい形
日足が明日の朝に形が決まった段階で、
今後の展開はある程度予測できるだろう

ただ、世界的に、ドルが不足しているからには
一方的な円高にはなりづらいのではないか

この先、もう一度、90円台に突っ込んでくることがあるにしても
基本的には120円に向かうように見えるが。

ブレグジットか・・・

今回の一連の動きについて言えば、
大方の予測が、イギリス残留となり、大きく円安に振れるものの
当ブログでは、未来からの相関値がやけに低い値に来ているため
円高を示唆
当時、105近辺であったものが、最低でも103まで落ちる必要性に言及した

他にも円高予測の人はいたと思うし
信じた人は上手くいったはずだが、
まあ、普通の人々というのは、目立たない辺境のブログの発言よりも
大手の世論調査を信じるものであろう
世の中、そんなものだと思う。

このブログでブレグジット問題についてふれたのが
6月2日になる

>ただ、材料的には現時点で105を割り込むようなものは見当たらない
>あるとすれば、イギリスのEU離脱問題くらいか

この頃はまだ安倍総理の
「世界経済はリーマン同様に危機的だ」というような発言が
虚構であるかのような評価を受けていた

私は偶然とは思っていない
この人は多分、どこかから情報を得ているのだろう

今回の件も、やはり帝国が動いている可能性が高いか
となると、今後については
欧州およびアジアでの戦争を視野に入れて進む必要があるかと思う。

離脱回避予想の中でも下げが必修

昨日掲載

>103.5xもしくは103.7xは必修のように見えるのだが

ということで、朝食中に、103.7xで指値約定
まだよくわからないので
適当なところでLLSO入れておきます。

※1710
今日は少し早めに出先から戻ったが
興味深いことになっているね

昨日掲載

>投票結果も出ていないのに、105.8xまで上げている
>まさかとは思うけど、裏目に出た時にヘッジするための騙しではないだろうな

やはり騙しであったようだ
そもそも、世論調査自体が捏造されたものの疑いもあるが
まあ、それはどちらでもいい
それらの揺らぎは相関値に現れているので
自分にとっては、前記の通り織り込み済みである

今朝がたの

>ということで、朝食中に、103.7xで指値約定

については、104.7でSO指値約定
SOといっても、ロスカットなどではなく
103.7買の104.7売だから、1円も儲けているので
大勝利であろう

このあたりについても
昨日に、為替が105とかに円安に振れていたときに掲載の

>103.5xもしくは103.7xは必修のように見えるのだが

これらがやはり必修であったようで
もしもどこかで参考にしてくれた人がいたならば
売/買いずれにおいても、勝利することができたと思う。
すくなくとも大負けは防げたと思う。

今日は、キリ番の100.0を指値約定していた
これは特に深い意味はないが、
大キリ番の記念に指値で買っておいたものである
ここまでの下げを予測していたわけではない

それでも
とりあえずはリスクオフを通り越した「有事のドル買い」で
いったん戻す展開になるだろうか

燃料切れの心配は無いのか

104.9x・・・威勢よく上げているようだが
そうだとしても
103.5xもしくは103.7xは必修のように見えるのだが
この先、どうなるのであろうか

※2140
投票結果も出ていないのに、105.8xまで上げている
まさかとは思うけど、裏目に出た時にヘッジするための騙しではないだろうな
このまま上げることはできなくもないが
日足はかなり厳しいように思う。
上の窓を先に埋めてから下げる場合、かなりきつそうな感じである
そうではなく、未来からの相関値を無視して上げる場合
相関値そのものがずれていると考えることもできる
その原因としては
例えば、近未来に大きな戦争などが起きる影響などが考えられ
再び、第三次世界大戦のシナリオとなりかねない

予測どおりの窓埋だが

昨日掲載

>今朝明けた窓は埋めることが予測されるが

こちらは、本日達成した。
それはいい。
ただ、その後104.5xに上げるにかけての時空には
歪が充満しているようだ

日足ベースでも、不完全ブロックになってしまっていて重いため
これらの負債を解消するためには、すくなくとも
再度103.5xを試す必要がある

逆に上方向では106.5xを見ておく必要がある。

この窓はすぐに埋めるだろう

今朝明けた窓は埋めることが予測されるが
基本的には、イギリスの投票までは、
無理なことをすることはないと思う。

透明な展開のため連戦連勝が続きそう

再び寝ている間に103.9xで買えていた

イギリスで銃撃があり、残留派の議員が死亡
世論調査では、離脱派が有利と言われる中で
何故、こうなるのだろうか
逆ならば自然だろうが
まさかとは思うが、同情票を集める狙いではないだろうな
http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/16/jo-cox-mp-dead_n_10509682.html

※1830
外出後に急伸したようで、103.9x→104.5x指値約定利確
高いところは104.8xあたりまであったようですね。
また、安いところで買っていきます。