So-net無料ブログ作成
検索選択
ちょうど1年前位の話以前サークル一緒だった2人が立て続けに、包茎を理由に彼女に捨てられた。最近ではこの手のケースが多い。その後、包茎手術の失敗事例について知ることに至り、かなり悩んだ。しかたなく、自宅療法を研究することになる。その途中、悪い友人に「剥き癖」というイカサマに騙され、酷い失敗をした。このあたりはプロフィールに記載したが、その後、いろいろなQ&Aを調べる中で知ったことが脱包茎のプロセスだ。この方法で比率を改善することで、少しずつ仮性包茎を治すことに成功中。ただ、ここに示されている①~⑥までの中で、③の理解が肝心なところで、オナ禁といいながら①をできるだけ長く維持することがポイント。成功後は、いままでの苦労を思うと凄い驚きがある。しかし、世の中、こんな風に知ってる奴だけが得をするんだなと悔しさもあったが、Q&Aの甲斐もあってようやく昔からの夢であるミニスカが似合う感じの彼女ができたからままいいか。

包茎を治したらFX連勝間違いなし、実績がすべて。女もできて、金も儲けられるようになった。すべてがハッピーだ。

ドル円は予測値を達成

途中経過は記載してとおりだが
結果として
5月26日掲載

>この先のフローとして
>110.1x→109.8x→110.5x

にある110.5xの予測値を達成
順調この上ない展開である

1月18日掲載
>株価23Kよりも、10%増税延期のほうを株式なんか所有していない
>多くの国民は選ぶのではないか。

消費税の増税再延期
そのような展開になってきたようだ
http://diamond.jp/articles/-/92104

※1800追記
111.4xまで円安が進む、
予測上値は114に設定されていて
ますます順調であるが
一旦利確する手もある場面
というのも、110.2x-3x付近の歪が尋常ではない

予測に沿った展開が継続中



5月26日掲載

>この先のフローとして
>110.1x→109.8x→110.5x

については、結果的には
110.1x→109.4x→110.4x→
となっていて、だいたい予測通りの展開
思ったより、深押ししたが、再度上げることは分かっていたので
特に問題はないだろう
下で、待ち構える場合に、むしろ、利ザヤが増えて好都合な動きであった。
この先、110.5xに到達する可能性はまだ残っている

この先、下げてから上げる

昨日掲載

>>この先、110.5xが可能な形態であり

その後、110.4xまでは達成した
現値 110.1xであるが
この先のフローとして
110.1x→109.8x→110.5x
が見える

上値連結線の崩壊があるか

昨日掲載

>>短いながらも日足πターンすることになれば、

日足πターンを達成したことで
110を回復
この先、110.5xが可能な形態であり
そうなった場合、上値連結線の崩壊により、
前々からの予測上値である114が視えてくることになる

※タイトル未定

一昨日掲載

>>現状の110前半のラインは、反射が起きやすい場面であることもある

結局、110で頭を抑えられて
109まで後退
このラインは、日足の上値連結線になっている

ここを抜けなかったということは
もう一度、下値模索の可能性がある

※2135追記
短いながらも日足πターンすることになれば、
とりあえずは上になるか



大勝利の後の展開

展開といっても、
未来からの相関値が114である以上
基本的には円安方向なのだが

一応、日足の不完全性に留意しつつ進むことについては
従前どおりになるが
追記すべきとしては
現状の110前半のラインは、反射が起きやすい場面であることもある

ただこのままの流れになった場合、
相場的には、当面OKとしても
情勢的には、前々から示唆しているとおり
残念ながら第三次世界大戦の展開となるか

その予兆として
114より上方にも未来からの相関値123が出現している




またまた予測値達成で大勝利

5月14日掲載

>時足と分足が乱れに乱れているところを
>解析した結果
>日足4πターンの可能性が否定できないという結論に至る
>その場合、ドル円は再上昇して
>109.7xへ向かう

その後、一旦109.6xまで向かい未達となっいたが
昨日、予測したように、再度の上昇

予測値を達成して110台に入った

予測上値を目指すと考えるのがノーマル

現在109.3xにあるが、
この先、再度、予測上値を目指すと考えるのがノーマル

その場合、
109.3x→108.9x→109.7x
のラインが視える


ドル円は予測値に肉薄する流れ

5月14日掲載の分析どおりの展開になり
再度の上昇

>時足と分足が乱れに乱れているところを
>解析した結果
>日足4πターンの可能性が否定できないという結論に至る
>その場合、ドル円は再上昇して
>109.7xへ向かう

さきほど109.6xをつけた

日足4πターンの可能性は否定できず



時足と分足が乱れに乱れているところを
解析した結果
日足4πターンの可能性が否定できないという結論に至る

その場合、ドル円は再上昇して
109.7xへ向かう
その後、日足5πターンに至れば、正常コースとなるが
そうならずに突破した場合、
過去と未来からの相関値の乖離が大きく
近未来大事変の可能性
すなわち
4月22日掲載の第三次世界大戦への序曲となるシナリオへ

cme23.jpg