So-net無料ブログ作成

第3次世界大戦が近いのかもしれない


昨日掲載

>時間足レベルでも限界波形に見えるが
>はてさて

結果としては、限界波形の修復のため
一旦は掲載時点の109.7xから109.2xまで調整の後
急伸して現110.6x
となった

こうなってみると、確かに、これより下の空間的な歪については
すべて2連殺で一応、抑えられているから
日足を無視して考えれば、理論的には109.3x付近からの反発は有り
ということになる
しかし、普通ではないことは留意しておく必要がある。
未来からの相関値と過去から推定される予測値との乖離が大きくなっており
これはたとえば、
第3次世界大戦が近いのかもしれない

昨日掲載の最初の記事で

>そもそも、予測値は114であるので、その面からは正常
>ただ、日足に死角があるので、
>どちらが先に来るのかは、判断が難しいところ
>その結果がでるのは、110攻防戦の結果次第のようにも見える

110は攻防戦にはならなかった
これも数年後の有事を示唆か
あっさりと突破しているので、トレンドの継続性からは
予測値114が近づき
買建玉の維持が正解となる

局面的には、目先のところ109.7x付近までの調整と
110.7x超を視野に入れておく必要がある。

憲法改正に向けての通商連合との密約があるのかもしれない

※2100
>>110.7x超を視野に入れておく必要がある。
こちらは早くも示現した

※2145
さきほど記事を書いた時の買建玉110.6xはたった今111.1付近で利確
またまた完全勝利か
そのほかの建玉はLLSOにて対応