So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょうど一日で予測下値に到達

昨日掲載

>下値候補としては
>113.5x→112.9x→114.5x

こちらは、本日夕方に112.9xを示現
何故あたるのかは知らないが
予測的中

まだ下げるかもしれないが
結局はどこかで切り替えして114へ向かうように見える。



結局は上げるパターンに見えるが

今日はこれといった動きのない展開になったが、

>基本は、以前に示した114.5xを見ながらの展開

このような状況においては
下げてきたら買のスタンスで良いように思う。

下値候補としては

113.5x→112.9x→114.5x

などがある

原油もダウも順調に上げてきているが
問題が全くないわけではない
原油については、上方向の窓と下方向のシコリとの闘いか
しかし、25から見れば、絶対水準はかなり高くなっている

ダウ先物日足は、いろいろと問題が多い

※2020
現113.7xだが、113.5x付近まで調整後
先に上げるパターンもありか

またしても予測的中で円安方向へ


昨日掲載の

>その後、113.8xを経て、現在113.5xだが
>この後、再度113.8xへ向かうと見える

これはあっさりと示現して

>基本は、以前に示した114.5xを見ながらの展開

こちらは、114.47付近までいったので
ほぼ予測的中ともいえるが
その後、円高へ向かい
現在113.8xで、再度、114.5xにトライすると予測する

日経は相変わらずの奇怪な動きになり
ダウ変わらずというのに
為替が50銭円高に触れた程度で-300近くまで落ちたかと思えば
そこからプラス圏に浮上か

原油やダウの相対関係を見れば、もう少し円安・株高でも良いように思う。

予測に沿った展開



基本は、以前に示した114.5xを見ながらの展開

昨日掲載

>とりあえずさきほどの112.2xで買いを入れた人もいると思うけど
>狙いとしては122.6-7xは射程距離に入る

こちらはあっさりと示現した

その後、113.8xを経て、現在113.5xだが
この後、再度113.8xへ向かうと見える

日足については、一応、形になっている形態


消費増税は物価2%達成が前提らしい

予測どおりに下げてきたのはいいが
どこで下げ止まるのか
なかなか難しいですね。

とりあえずさきほどの112.2xで買いを入れた人もいると思うけど
狙いとしては122.6-7xは射程距離に入る
買い目線で見たときに、分足ベースではいろいろと妙味があるが
日足がどのように収まるのか
そのあたりを考えると悩ましい

為替は、原油とダウに連動するといわれているが
原油は37、ダウは17Kと
いずれも最悪期を上回っている
円高だけが奇怪な動きになっているようでもある

消費増税は物価2%達成が前提
http://jp.reuters.com/article/idJPL4N16H33Z
これが本当だとすると
現状2%なんて難しい雰囲気だから凍結してしまうのですかね。


やはり下げてきたね

昨日掲載

>日足レベルで観れば、
>終値ベースで、113.0-1xは必須ではないかと思う。
>その後、πターンしての上昇になれば、一番自然な展開だと思う。

>ということになると、本日は
>現113.5x→113.0xまで下げて終わり
>明日以降114.5xを目指すことになるが
>その切り替えしに失敗して、週足が陰線引けになると
>重い展開が予測される

予測どおりに下げてきました
少し異なる点は、1日で下げずに2日かけて113割れまできているところくらい

この後は、どこで切り返すになるのだが
週足との関係からタイムリミットがある

原油にかんしても37.7で予測値40に近づいてきている

ミラクル的予測一致後の展開

現在、113.5xで、朝方の変動部の影殺過程に入っている
このレベルで、凌ぐ可能性もあるにはあるが
一般的には、113.3xまでの下げを見込み
昨日の時足2連殺113.1xが本物であるかどうかを試すと思う。
ただ、その場合でも、114.5xへの上昇が消えたわけではないので
ここは、突っ込みレベルでの買いが良いかも

日足レベルで観れば、
終値ベースで、113.0-1xは必須ではないかと思う。
その後、πターンしての上昇になれば、一番自然な展開だと思う。

ということになると、本日は
現113.5x→113.0xまで下げて終わり
明日以降114.5xを目指すことになるが
その切り替えしに失敗して、週足が陰線引けになると
重い展開が予測される

予測どおりに113.1xまで下げたが



昨年の12月13日掲載

>>原油は40までは戻すのではないか。

これが少し現実味を帯びてきた
この場合、ダウは18000を奪回するのではないかと思う。

先週末の為替は、

>このまま114.5xまで上げる可能性としては有だけど
>中途半端な場合には、結局、113.1xまで下げないと
>落ち着きがないように見える

なんと、書いたように113.1xまで下げたが
タイムラインが早めに推移したため
日足十字線となってしまった
日足は相当に不安定な形なので、このままということはないと思う。

予測値は
>113.7x→113.1x→113.9x→113.7x→114.5x

と書いたが、当日中に
113.7x→113.1x→114.1x→113.7x
となった

当日中に動いた点を除けば、かなりの一致度だと思う。




落ち着きをもたらすのか

日足だけ観ると現113.7というのは微妙ですね。

このまま114.5xまで上げる可能性としては有だけど
中途半端な場合には、結局、113.1xまで下げないと
落ち着きがないように見える

ただ、その場合でも、翌営業日には切り返して
数日中に114.5x超を予測してはいるが、
その途中で調整が入る可能性はあるというか
このまま113.1xに向かわずに放置した場合、
あとで大き目の副作用が出る芽が生ずる

ということで、一番、穏やかな推移を考えるとしたら
本日の終わりが、113.1xで
翌日から113.1x→113.9x→113.7x→114.5x
とか

円安方向のトレンドが持続している

昨日掲載

>この先の展開としては
>現114.3xだが、114.1xまでの調整は見込むものの
>昨日の大陽線の後だけに
>大きくは崩れづらいのではないか

114.1xは示現したが、予測よりも深く押した113.2xまで下げている
ただ、その後114を回復しているので、基本は何も変わっていない

昨日の時点で、日足クロスが一番最適と思っていたが
それだと、まさに113.3-4x付近まで下げる必要があった
そんなに下げるのかなと、疑問に思い
そのストーリーは書かなかった

結果は、113.3xまで下げたが、日付をまたいでから戻したのでクロスにはならなかった
日足小陰線である
ただシャドーがないこの形の場合には、
再び114.5xを更新してくる可能性が高いと思う。

結論的にはシナリオ変更なしで
円安方向のトレンドが持続していると思う。