So-net無料ブログ作成

キリ番には敬意を表して買い

よくわからないけど
とりあえずは116.00付近で買い

※2150追記
まだ上に行きそうですが、もう寝るので
今、116.70付近で売却しました。
膨大利益確定です。

それにしても汚い波動だな



1月16日掲載

>この先の展開としては、とりあえずは117.3xにたどり着いた後
>崩れ落ちそうになりながら上げていくというもの

今のところ、この路線に入っている
ただ、分足、時足ともにこれも演出か思わせるくらいに相当に乱れているので
なかなかに危うい

日足だけ見れば、不自然さは少なく、119に迫るところまでいきそうな気配はある
ただ、18日早朝の分足をどう見るか
そこに未来からの相関が含まれての場合には、
再度116.5xまで突き刺さることになる

>日足の終値ベースで116に沈んだ場合が回復に一番時間がかかることになる
>ただその場合でも、数日中に118.7xまでは戻ると見ている

これはこの通りなのだが
問題はその後どちらに進むのかということが次の課題となる

日足vs分足の対決になっているが

日足的には、以前から指摘の通り118台が十分狙える
位置にあるが、
分足には、目立たないところで欠陥を秘めた形態になっている
以前、この形の陽線が出た時には、
結局のところ、その始点まで下げているから、
ちょっと入りづらいところ

今月は、前半で、かなり稼いだところなので
あまり無理をすることもないかと思う。

日経平均は弱い動き
その根源的な原因は、上海安と原油安にあるらしいが
上海総合は2400-2500あたりまで下げそうな勢いである
となると、日経16K
EPSも微妙に下げてきているし
そのままでは、政権崩壊・・・

ただ、これほどやられても、政府関係者から何らの発言もないことが
なんか胡散臭いところもある
GPIFに安く買わせるための買い場づくりのつもりなのか

多分、為替は動かそうと思えば
できるのだろうと思う。

※2110追記

いままでは、政権維持のために株価対策と考えていたが、
最近は、少し違ってきているように思う。
選挙で勝つためには、むしろ、株安のほうが都合がいい
こう考えてみたほうが、辻褄が合うようにも思えてくる
逆転した発想法になるわけだが、
外部環境がこれだけ不安定な中で、円安誘導にも限界がある
とすれば、それを逆手にとっての
経済活性化のためにの、打開策の提示
たとえば、
消費税の増税の延期というのはどうだろう
これは、景気がよければできないが
景気がわるければ、整合性は取れる話となる
選挙での国民の受けは最高に良いものだろう。
株価23Kよりも、10%増税延期のほうを株式なんか所有していない
多くの国民は選ぶのではないか。

もしも現政府に財務省を抑え込む力があるとすれば
有力な選択肢であるように思う。
インフレ未達については、あくまでも外部要因ということで
責任転嫁すればよい
そのためのチャイナショック?・原油安なのではないか。
これらの演出は米国の大統領選にもかかわっていると思う。



不完全ブロックが作動したか

1月14日掲載

>やはり一旦はずして監視するか
>基本↑なんだが、不完全ブロックがある

こいつが作動して、117を再び割り込んだ
はずしておいて良かったですね。

この先の展開としては、とりあえずは117.3xにたどり着いた後
崩れ落ちそうになりながら上げていくというもの

ただ、一番厄介なパターンとしては
→117.3xの後、急落して116.5xあたりに突っ込んでいくもの
これは時足の不規則性に起因した、確認作業とになる
ただこのプロセスは必ずしも必要ではないので
117.3x→117.8xもある

日足の終値ベースで116に沈んだ場合が回復に一番時間がかかることになる
ただその場合でも、数日中に118.7xまでは戻ると見ている

というのも、日足は大陰線で弱い形だか
一応反発して引けていることと
これをπターンとしてみた場合、今度は買い方向に不完全ブロックとなっている
つまり売りを急ぎすぎたということになる

117.1x買いを117.9xで利益確定

もさい展開なので
いったん117.9xで売却

※1820
117.7xで買い

昨日は、所要のため、売買はほったらかしになってしまった
しかしここまで下げても防衛隊が出てこないのは
これは予定の行動ということになる
通商連合にやらせておいて
下げたところを鯨が買う手はずになっているのか

※1955
やはり一旦はずして監視するか
基本↑なんだが、不完全ブロックがある

後に残したツケの始末は

1月8日に検討した以下について

>とすると後につけを回すにしても
>当面は単純に118.2x→118.7xでも良いことになる。

結果としては、雇用統計発表によって
118.2x→118.7xそのものズバリ100点になった
ただ、ここに書かれているように、この流れては
「後にツケを残すパターンであり」
そのツケの部分が、直後の116.x突入となった模様
その意味でも合致しているのが
少し寒いが

さらにいうならば、この116突入のときに連合の一部が猪突猛進したために
空間に歪みが生じたため
これ以上の円高が現時点では難しくなってしまっている

この間、昨日記載のとおり、116.7x買いからの117.3xでの確定
続いて、117.1x買いとなり、順調極まりない展開である

今後は、さらに突っ込む場面があったとしても
結局は、118.7xにあるポテンシャルの井戸に落ちる
ただ、その前に、118.00付近の諸所の剣を攻略する必要はある

株式に関しては、上海総合が世界市場の支配者と化しているため
民主的には定まらないが、
為替的観点から先に考察した、連合の一部が抜駆けしたその後始末のために、
一旦は、円安方向が必要となっている

したがって、狼狽売りは無用であり
ドル円が118.7x付近に来たときの、防衛隊の体力次第で
その後の行く末が定まると思う。


通商連合の一部が抜駆けしたように見える

先週末、日足πターンにはならず
かなり無理くり押しつぶしとなった

とりあえず、今しがた116.73で買ったが
はてさて、どうなりますかね。

※1420追記

一旦117.3xで利確

※1640追記
117.1xで再度買い

※1810追記

昨日記載の
>日足がπターンにならず崩れる場合でも
>本日日中の動きは、誰にも無視できない未来からの相関を含んでいるので
>売り方もこれまでのように単純には攻められなくなるだろう

が作動したように見える
現値117.80付近だが、SO入れて利確せずに様子見
LOは前書いた118.7xにしておこうか

またまた勝利で順調な展開

昨日掲載の

>今しがた、117.50で買

については、寝ている間に標準利確域に到達したようで
118.00で利確

※1930追記

昨日掲載

>時足の上値連結線をみるに、118.3-4xを抜けてこないことには
>新展開は望めそうもない

本日、118.5xまで到達したので、前記の上値連結線は崩壊
リスクオフ祭りにも少し変化が生じている

買い目線で見たときに
日足がπターンで終われればベストだと思う。
そのためには明朝118.7x
その場合、119.4x程度までは一旦戻すだろう
ただ、今朝の時足波形には少し難解な部分が残るので
まだ、πターンは決定的ではない
このようなネガティブなファクターを消去するには

現118.2x→117.4x→明朝118.7x

ただ、もっと巧緻を極めた動きとしては

118.2x→118.6x→117.4x→118.7x

ちょっとやり過ぎな感じはのこる

とすると後につけを回すにしても
当面は単純に118.2x→118.7xでも良いことになる。

日足がπターンにならず崩れる場合でも
本日日中の動きは、誰にも無視できない未来からの相関を含んでいるので
売り方もこれまでのように単純には攻められなくなるだろう

 

リスクオフ祭りの最中に、買いだ

今しがた、117.50で買
下げてきたら撤退すれば良い

追記部分、
日足&時足の下降トレンドが継続中
時足の上値連結線をみるに、118.3-4xを抜けてこないことには
新展開は望めそうもない

通商連合の大攻勢が続く中



昨日掲載

>日足が今夜中に切り返さない場合、下降トレンド継続的
>しかし、明朝119.2xというのは・・・

やはり無理でした、その理由は
時足不完全ブロックによる、日足の二連殺失敗
一昨日は3πターンで強引に凌いだが
今回は、かなり防御力を削り取られてしまっている

とにかく日足の反転サインを見つけるまでは
あまり無理をすることもないと思う。
遅くとも金曜の夜か来月曜日までには反転すると思う。

材料面では、利上げは織り込み済みと言われ
中国懸念は、夏にあれほど大騒ぎしたわりには、未だに折込済みではなかったと言われている
なんとなくだが確かな不公平感を感じる

これらを総合すると、
通商連合の目的は以下の2点に集約される
一つ目はFOMCに対する追加利上げの妨害工作
実体経済を悪く見せるためのいわば嫌がらせ
もう一点目は、利上げ後に、結局は買われる運命にあるドルを安く買うための
買い場作りと見た

中国の指数とか水爆の類はあまり関係ないことだと思う。
もしもそれが本質であれば、本日の上海総合が大幅高になることは奇妙だし
それに連動しない日経はもっと不可思議ということになる

日経に関しては、そろそろ防衛隊の出撃があると思う。
ダウは、高値から1300程度の下げに対して
日経の下げは3000付近まで来ている
この軟弱な体質だけは、ぜひ、改めてほしいものだ