So-net無料ブログ作成
検索選択
ちょうど1年前位の話以前サークル一緒だった2人が立て続けに、包茎を理由に彼女に捨てられた。最近ではこの手のケースが多い。その後、包茎手術の失敗事例について知ることに至り、かなり悩んだ。しかたなく、自宅療法を研究することになる。その途中、悪い友人に「剥き癖」というイカサマに騙され、酷い失敗をした。このあたりはプロフィールに記載したが、その後、いろいろなQ&Aを調べる中で知ったことが脱包茎のプロセスだ。この方法で比率を改善することで、少しずつ仮性包茎を治すことに成功中。ただ、ここに示されている①~⑥までの中で、③の理解が肝心なところで、オナ禁といいながら①をできるだけ長く維持することがポイント。成功後は、いままでの苦労を思うと凄い驚きがある。しかし、世の中、こんな風に知ってる奴だけが得をするんだなと悔しさもあったが、Q&Aの甲斐もあってようやく昔からの夢であるミニスカが似合う感じの彼女ができたからままいいか。

包茎を治したらFX連勝間違いなし、実績がすべて。女もできて、金も儲けられるようになった。すべてがハッピーだ。

花はまだ散ってはいない

私の部屋にある花があり
その花が咲いている間は株式は上げ続け
その花が散ると株式が下がるというものである
この観点からすると
大きな下げは当分なく、
10月11日掲載、11月23日再掲載したように
来年の夏に日経平均が24000があるかもしれない

為替については
先週末掲載

>なかなかに短期予測の難しいポイントではあるが
>買い方の失策を突く形で
>もう一回、122.3xに突っ込んできたところが、誘いの罠となり
>123.0x奪回へ踏みあげるライン
>あるいは
>時足レベルでは陽線が出ているので、その流れで
>122.7xまで上げてから、
>そのあたりの連結線を抜けるかどうかの攻防戦に突入する

二つの短期ストーリーを記載したが
前半は上げてはいるけど、123には未達ということで50点くらいかな
後半については、100点といえる精度だと思う。
平均すると75点になる

後半のストーリーで時足の上値連結線を抜けたこと
これとは別に
11月27日掲載の
>日足の上値連結線は崩壊しているので
>反転する準備は整いつつある

が一応のところ買い支援となる
今週は雇用統計前に123.5xとかつけてくると
分かりやすい展開になりそうだ

下値不安については
先日記載の「大返し」の線が
まったく消えたわけではないことがあるにはある

ただ、ロングタームパースペクティブでは
未来からの相関値である123.7x以下においては
基本的に買い視線でOK。

11月19日掲載

>本日つけた123.7xを再び更新してくるというのが
>基本構想になる
>その前提条件としての123.10への円高はすでに示現しているので
>あとは、信用余力しだいで、いつでもストロングバイで良いように思う。

これについては、その後の展開から
タイムラインの考察が
短期決戦ではなく、比較的に長期戦になることが示唆されている
「信用余力しだい」とはそういう意味であったが
これは時間がかかるというよりは
買いと利確チャンスが何回もありそうというポジティブな意味合いを有する