So-net無料ブログ作成
検索選択
ちょうど1年前位の話以前サークル一緒だった2人が立て続けに、包茎を理由に彼女に捨てられた。最近ではこの手のケースが多い。その後、包茎手術の失敗事例について知ることに至り、かなり悩んだ。しかたなく、自宅療法を研究することになる。その途中、悪い友人に「剥き癖」というイカサマに騙され、酷い失敗をした。このあたりはプロフィールに記載したが、その後、いろいろなQ&Aを調べる中で知ったことが脱包茎のプロセスだ。この方法で比率を改善することで、少しずつ仮性包茎を治すことに成功中。ただ、ここに示されている①~⑥までの中で、③の理解が肝心なところで、オナ禁といいながら①をできるだけ長く維持することがポイント。成功後は、いままでの苦労を思うと凄い驚きがある。しかし、世の中、こんな風に知ってる奴だけが得をするんだなと悔しさもあったが、Q&Aの甲斐もあってようやく昔からの夢であるミニスカが似合う感じの彼女ができたからままいいか。

包茎を治したらFX連勝間違いなし、実績がすべて。女もできて、金も儲けられるようになった。すべてがハッピーだ。

過去と未来の戦いになる



ダウは大きく上げてきたけど
ドルは上がらず

日経は20Kを伺う勢いがあるが
やや円高方向に振れている

ただまあ、防衛隊の立場にしたら
今は出番無ということで、休憩しているところかもしれない

この先
ドル円は122.64付近を割らないという前提を付けることができるなら
短期決戦で良いが
ここを割り込んでくると長期戦になる

前回、8月下旬に時足は123.6xのシグナルを発しながら
日足の急落に巻き込まれた経緯を見ると
回復までに2ヶ月超を要している
今回、そこまで慎重になることもないと思うが、

材料的にはこれと言って、ドル売の要因は無い中で
日足、時足、分足
どれをとっても、買い方不利な体勢

特に、日足が良くない
先週初めにギャップダウンした残存波動に不自然さが残るため
そのときのレベルまで、影殺する必要があるのか/ないのか
正直のところ、はっきりしたものではない

それでも、
未来からの相関値123.7x超が啓示されているため
長期的にこのラインを遮るものは何もないように見えるため
もしも週明け日足が陽線であれば、
短期的にも、上記は「必要がない」という解釈で良いと思う。

唯一の懸念として
短期的に日足が崩落して前記前提条件が崩れた場合には
達成まで時間がかかる可能性が残存する