So-net無料ブログ作成
検索選択

爆破予告は後付の理由に過ぎない



今朝の段階で

>特段の材料が出れば話は別だろうが
>現状123.4xにあるところ
>円高方向123.1-2xへのプレッシャーを感じる

と書いたところ、午後から円高方向にふれてきて
123.20付近まで示現した

やはり「未来からの相関」は凄い

爆破予告でパリ行き旅客機2機が緊急着陸
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151118/k10010310821000.html
これによって、株安、円高に振れたという説明があるが
それは間違っていると思う。

何故かというと、そういう結果がでることは
この事件が起きる前からすでに定まっていたと考えられるからである。

爆破予告は後付の理由に過ぎない

月曜日の円高予測も当たっているが
あれは記事掲載のタイミングの問題で、
同時多発テロの後に書いたことになっているが
未来からの相関という立場にたてば
金曜日の深夜に入る前の時点で、月曜日以降の比較的短い区間で
円高に進むことは予見できていたと言える

>分足は混沌状態のため
>一旦は、円高方向、たとえば122.1x-3xを踏む必要が生じているように思える

は事件の有無によるものではない

円高方向へのプレッシャーを感じる

特段の材料が出れば話は別だろうが
現状123.4xにあるところ
円高方向123.1-2xへのプレッシャーを感じる

ただ、高値を付けきった感はまったくないこともあるので
それらのウサウサは後回しにして、先に上げていくケースもある
あくまでもいずれかの通過点の一つになると思う。

紆余曲折あるにしても膨大な買建玉の利幅は大きいので
このまま静観するか