So-net無料ブログ作成
検索選択
ちょうど1年前位の話以前サークル一緒だった2人が立て続けに、包茎を理由に彼女に捨てられた。最近ではこの手のケースが多い。その後、包茎手術の失敗事例について知ることに至り、かなり悩んだ。しかたなく、自宅療法を研究することになる。その途中、悪い友人に「剥き癖」というイカサマに騙され、酷い失敗をした。このあたりはプロフィールに記載したが、その後、いろいろなQ&Aを調べる中で知ったことが脱包茎のプロセスだ。この方法で比率を改善することで、少しずつ仮性包茎を治すことに成功中。ただ、ここに示されている①~⑥までの中で、③の理解が肝心なところで、オナ禁といいながら①をできるだけ長く維持することがポイント。成功後は、いままでの苦労を思うと凄い驚きがある。しかし、世の中、こんな風に知ってる奴だけが得をするんだなと悔しさもあったが、Q&Aの甲斐もあってようやく昔からの夢であるミニスカが似合う感じの彼女ができたからままいいか。

包茎を治したらFX連勝間違いなし、実績がすべて。女もできて、金も儲けられるようになった。すべてがハッピーだ。

売り方は隙のない展開

時足にも分足にも隙が無い展開が続いているので
なかなか買で入るポイントが見つけづらいね

昨日は
>たとえば120.39とかでSOしておくかな
と書いてしまったので、そのままSOした
でもこれは「無損失逆指値」
安直なネーミングだが、Lossless Stop Order=LLSOとでもいうことにしようか
逆指値といえば、通常は、ロスカットのために用いるようだが
私の場合、損切りという概念がないので
逆指値とはいっても、買値よりも高い水準で、逆指値を入れる
故に無損失なのだが
LLSOの実現に必要となるのが
確実に、その後、上げると思われるポイントでの買オーダー
あるいは
一旦下げても、そのポイント+αまで戻ることが分かっていれば
それはそれで+αの時点からのLLSOが実行可能になる
いったん、LLSOが設定されると
すくなくとも原理上は負けることはない
損失が生ずる前に利益が確定されるからである

そういう意味では
10月16日掲載の118.40買にもLLSOが設定されている

昨夜2100頃に時足で120.1xへの2連殺が入ったところで
120.2xで買となっているが
これもまた同様である