So-net無料ブログ作成
検索選択
ちょうど1年前位の話以前サークル一緒だった2人が立て続けに、包茎を理由に彼女に捨てられた。最近ではこの手のケースが多い。その後、包茎手術の失敗事例について知ることに至り、かなり悩んだ。しかたなく、自宅療法を研究することになる。その途中、悪い友人に「剥き癖」というイカサマに騙され、酷い失敗をした。このあたりはプロフィールに記載したが、その後、いろいろなQ&Aを調べる中で知ったことが脱包茎のプロセスだ。この方法で比率を改善することで、少しずつ仮性包茎を治すことに成功中。ただ、ここに示されている①~⑥までの中で、③の理解が肝心なところで、オナ禁といいながら①をできるだけ長く維持することがポイント。成功後は、いままでの苦労を思うと凄い驚きがある。しかし、世の中、こんな風に知ってる奴だけが得をするんだなと悔しさもあったが、Q&Aの甲斐もあってようやく昔からの夢であるミニスカが似合う感じの彼女ができたからままいいか。

包茎を治したらFX連勝間違いなし、実績がすべて。女もできて、金も儲けられるようになった。すべてがハッピーだ。

日本株だけが安値更新している不可思議

中国やダウが下げていることは分かっているけど
ダウ先物のここ数日のチャートを見ると
15400→16100付近で週末を終えている
上海総合も
2900→3160まで戻して終えている

日経平均だけが安値更新して終えている
正直なところ、このあたりが不可思議領域

アナリストの記事を検索しても
日本の株価はGPIFが買い上げたから・・としか書かれていないが
日経平均のPERは14.21まで下げていて
配当利回りをみても
割高というよりは、割安に見えるのだが
これまで
日本株が上げた原因は、どちらかといえば企業業績が向上している
と考えるのが正常じゃないかと思うが。

中国への輸出は18%くらいだが、その大半が中間材だから
実際のところ、そんなに大きな影響が出るとも思えない

現在の企業業績EPS1250は
だいたいにおいて為替110円レベルでの達成水準だから
この春から、120円レベルの円安効果によって
9月以降にEPSがさらに上がると考えるのが普通じゃないのか?

あと、何よりも、原油安の恩恵を一番多く受けるのは
資源消費国である日本であるように思えるのだが。

というのも、今や日本のGDPの大半は輸出ではなく
内需である。原油安のインパクトは大きいはず。

年明け頃のEPSは控えめに見ても1400位になっていて普通に思えるが、
PER14だと、日経平均19600
PER15だと、日経平均21000
PER16だと、日経平均22400

どこかおかしいかな。

そのあたりに何か違和感を感じている

為替の引け値が119であることの方が自然だと思う。
自然というのは、大した円高になっていないということだ。