So-net無料ブログ作成

断層の下にあるものは沼である

7月19日掲載

>日足バリアが完全崩壊したことに伴い
>現時点においては
>予111.0x or less
>が点灯中

昨夜の時点で111.0xを示現
だいたい書いたままの展開が続いている

>本日あたりが大陰線になって、111.0xを示現後に
>いったん揉み合い相場に入るのが
>一番わかりやすいのだが
>クロス円は下げたくなさそうな雰囲気も強いので
>だらだらになる可能性も残っている

クロス円のおかげで
2日遅れて、完全な大陰線となったが
自分が書いた文を見直してみると・・・な思いもある

今や
日足が完全にダウントレンドになっているが、
今回の上昇で
少し意外性があった部分は
週足バリアを一時的に上抜いて高値更新したくらいである
ただ、値幅はそれほどでもないので
もしその付近から売建していても耐えられないレベルではなかった思うが。

勿論、さらなる上昇の可能性がなかったわけではない
ただ、相場に絶対はなく
そのような可能性はいつでもあるものである

といえば、未来からの相関値は絶対ではないかと反論されそうだが
もしも、値の絶対性を主張すれば、
時間軸が曖昧になり、
値と時刻の同時予測には不確定性が残ることに気付く

今後については
日足トレンドを追うことが基本になる
ただし、111割付近からは、
一応理論上は買建可能性が点灯する

これは
>より科学的に示すとすれば
>緩い沼地の地形上に
>断層が2重に積み重なっていて
>その上に、五重塔を造ろうとしているような絵が見えてくる
における下側の断層面にあたる
ただし、そのことが即トレンド転換を意味するものではない

娘の補佐官が作成したチャートにLWBという直線があるが
ここを割り込んできた場合には
第二の沼旅行が始まる可能性が点灯する
つまり
断層の下にあるものは沼である



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0