So-net無料ブログ作成

未来予想図

相場の方は、比較的単純な展開になっているから
まあいいだろうか

>結論的には、この先数年位まででWW3はないといえるだろう
>ただし、限定的な有事はあると見るべきだろう

こちらについて、遷都令が出る前に、
メモを残しておこうかと思う。

まずは、核シェルターの売れ行きが好調ならしいが
東京本土に核ミサイルが着弾することないだろうと思う。
ただし、小競り合いはある
そのあたりの見極めについては預言者じゃないのでね

同じ京でも、北京はどうか。
かなり危ういと思う。
今回の件で、北京の首相が姫の側に近づいたように見えるが
それってどうなんだろうかね
どういう結果になるにしても、国論は2分される

姫は全面戦争でなく、交渉で決着させたいはずだと思う。
正面衝突した場合の損失については、休戦協定が結ばれてから
なんども計算されているから、それは無理というものだろう
しかしまあある程度のことはやるかもしれない
それは北京の支援があるという前提で進むと思うのだが、
その肝心の北京が途中の段階で、国論が2分し、現首相は失脚
その隙を突く形で
半島は結局のところ、北側の勢力によって統一されるのではないか

姫は現実主義者だから、
金と手間のかかる半島の南半分の維持に、そこまで命がけにはならないと思う。
歴史的にみても、この地域はアチソンラインに含まれていない

しかし、北京の現首相が失脚することになれば
国論だけではなく国家も2分されることになりはしないか

そこまで全体を眺めてみると、半島は北勢力で統一されるものの
より強力なライバルが消滅することになり
帝国としては、かなり満足すべき結果じゃないのかとも思う。
つまるところ、半島問題を囮にしての本丸攻略戦ということになるが
もしも私が姫の立場ならそんな感じになる

まあ、そんな中で、東京については
日経平均25Kを目指す展開になる。

※この記事は暫定です。暫定のままかも。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0